沿革

1928 : 昭和 3年
大阪市大淀区中津(現在北区)に細川作造が、
細川工業所設立し、研きだし流司を製造開始する。
1942 : 昭和 17年
防火水槽を製造開始する。
1947 : 昭和 22年
コンクリート製ごみ箱製造開始する。
1962 : 昭和 37年
資本金400万円にて株式会社細川工業所を設立する。
細川作造社長就任する。
コンクリート二次製品製造開始する。
1973 : 昭和 48年
細川重義社長就任する。
1987 : 昭和 62年
細川直幸社長就任する。
1989 : 平成 元年
羽曳野市河原城に新工場設立移転すると共に、社名を変更し、
細川コンクリート工業株式会社とする。
1994 : 平成 6年
パーキングブロックを製造開始する。
1996 : 平成 8年
資本金600万円を増資し、1,000万円になる
スライドブロック、ベースブロック製造開始する。
1999 : 平成 11年
試験機導入(圧縮試験機、曲げ試験機)品質管理開始
2001 : 平成 13年
資本金2,000万円を増資し、3.000万円になる
2004 : 平成 16年
ニューパーキングブロックにモデルチェンジ
2005 : 平成 17年
ISO9001 : 2000認証取得
2006 : 平成 18年
Vベースを製造開始する
2009 : 平成 21年
エコアクション21 認証取得
スマートベースの製造を開始する
スライドブロックモデルチェンジ
細川 篤社長就任する。
2010 : 平成 22年 
ISO9001 : 2008認証取得
2016 : 平成 28年 
エコアクション21認証登録を取り下げ